お金を借りる 審査に通るために

およそお金を借りる、という手続きをする前には、必ず審査が行われます。
お金を借りるだけでなく、例えば家を借りる、という時にも審査は行われます。
要するに、その人に会社が求めるだけの支払い能力があるのか、また過去にクレジットカード関連で何かトラブルや支払いの遅滞を起こしていないかどうか、ということが審査でチェックされます。
審査のチェック項目は細かくいくつかにわかれています。
年齢、勤務先、勤続年数、年収、住居形態、居住年数、家族構成など。
それに加え、他社での借入状況や、利用歴などが調べられます。
金融業者によって、これらのチェック項目の中からどれを重視するかは異なるのですが、総じて言えるのが、利用歴に事故があれば絶対に審査は通らないということです。
事故とは、3ヶ月間支払いが遅延していることを指します。
この事故が起こると、まず使用中のカードが利用停止になります。
さらに、強制的に解約させられます。
そして向こう5年間、この事故情報は残るので、その間新規でカードを作ったり、カードローンを申し込んでも、この事故情報があることで審査に通りません。
この事故情報以外の項目は完全に業者によって扱いが異なりますが、もう1つ言えるのは固定収入のない人は審査に通るのは難しいということでしょう。
要するに無職では審査に通りません。
さらに言えば、これらのチェック項目に虚偽の情報を記入するのはNGになります。
いずれわかってしまうことですから、正直に記入するのが無難です。